甲賀市信楽で陶芸体験|山中陶土|粘土や釉薬、天然素材を使い焼物の作り方を基礎から学ぶ。手作りの趣味を是非。 山中陶土、TOP PAGEに戻る 〒529-1181 滋賀県甲賀市信楽町江田257-1 / TEL:0748-82-0356
YAMANAKA TOUDO、トップに戻る

甲賀市信楽で陶芸体験|山中陶土|粘土や釉薬などの素材を使い焼物の作り方を基礎から学ぶ。手作りの趣味を是非。

陶芸体験・素材販売の山中陶土、製作の流れ
甲賀市信楽で陶芸体験|山中陶土|粘土や釉薬、天然素材を使い焼物の作り方を基礎から学ぶ。手作りの趣味を是非。
信楽焼とは?
信楽は、日本六古窯の一つで1250年の伝統を誇る日本最古の産地です。
天平14年(742年)聖武天皇が紫香楽宮の造営に着手された際に、布目瓦、汁器の須恵器を焼かれたことに始まります。室町・安土桃山時代では茶陶が盛んになり、江戸時代には茶壺やみそ壺・徳利・土鍋など日用の雑貨類の製造が進みました。現代では、傘立てや庭園用品・食器など様々な発展を遂げ、狸の置物は今や「信楽」のシンボルとして有名になっています。
製作の流れ
【信楽焼の製作の流れ1】 製作
製作 製作方法には「ひも作り」、「たたら作り」や水挽き(轆轤成形)、鋳込み成形などの色々な手法があります。

原料については主に粘土を使用します。その粘土を乾燥させ、機械で粉砕すると陶土になります。
主に使われている陶土は、なんと約20種類もあるんです。
【信楽焼の製作の流れ2】 乾燥
乾燥 約2週間~2ヶ月かけて風通しの良いところで乾燥します。

※物の大きさにより乾燥させる期間は前後します。
【信楽焼の製作の流れ3】 素焼き
素焼き 十分に乾燥させた作品を窯に入れ、750℃~800℃で約10時間~12時間かけて焼成(粘土を窯で加熱して石質にすること)します。
【信楽焼の製作の流れ4】 施釉(せゆう)
施釉(せゆう) 素焼きした作品にお好みの釉薬(うわぐすり)をかけます。
釉薬には、灰を使った灰釉が多く、土灰やわら灰、長石、木炭をもとにしています。さらに色付けするために酸化鉄や酸化銅、酸化コバルトなど金属粉を加えていきます。

釉薬のかけ方には「流しかけ」や「浸しかけ」、「ぬりがけ」、「ふきつけ」などがあります。
【信楽焼の製作の流れ5】 本焼き
本焼き 再度、作品を1230℃~1280℃で焼成します。
焼成には、空気をよく通して焼く酸化焼成と、空気をあまり通さずに焼く還元焼成の2種類の方法があります。
焼き方により仕上がりの色合いや感じが異なり、「やわらかい感じを出したいときには酸化焼成」、「味のある色合いにしたいときには還元焼成」といった感じに使い分けます。
焼き上がったものを釜から出せば、完成となります。